母乳がでる仕組み

おっぱいの大きさと母乳の量の関係性はあるの?

更新日:

illust4264

育児で心配なのは母乳の量ですよね。
妊娠中おっぱい体操とかしていてもつい自分は母乳がでるんだろうかと心配になります。

おっぱいの大きさで母乳の量を不安思っている人も多いでしょう。
よく聞くのはおっぱいの大きさが大きいほど母乳が出やすいといわれていますよね。

おっぱいが大きい女性は、色んな意味で羨ましがられることがあります。
逆に、おっぱいのサイズが小さいとコンプレックスに感じたりしますね。

わたしは貧乳だったので母乳の量が心配でした。
おっぱいの大きさと母乳の量について調べてみました。

おっぱいの大きさと母乳の量は関係ない!

最近では病院でも母乳外来もふえ、母乳の量で一人で悩まななくてもいいようになってきました。
母乳育児を推奨している病院は多いと思います。

実は母乳の量はおっぱいの大きさと無関係って知っていましたか?
私は自分が出産して助産婦に母乳指導を受けてはじめて知りました。

赤ちゃんがおっぱいを吸うとその刺激がママの脳に伝わります。
そうすると女性の体は神秘的でおっぱいの大きさに関係なく母乳が出るようになります。

詳しく言うと赤ちゃんがおっぱいをすうとプロラクチンというホルモンが分泌されます。
プロラクチンは乳腺組織で母乳を作ってくれる働きがあります。

おっぱいの脂肪はこの乳腺組織を守るためにあるのであります。
なので母乳の量はこの乳腺が発達しているかどうかが左右されます。

乳腺が発達しない場合にはなかなか母乳の量が不足する場合もあります。
乳腺の発達はおっぱいの大きさではわかりません。

おっぱいが小さい人でも乳腺が発達していれば母乳の量は確保できます。
母乳の量をしっかり確保したいと思っているママさんは乳腺を鍛えましょう。

乳腺が発達すれば母乳の量だけでなく、授乳終了後の胸の垂れ防止にも有効ですよ。
いろんな意味で乳腺は大切なんです。

つまり、母乳で育児する時はもともとおっぱいが大きくても小さくても、母乳の分泌量にはそれほど関係ないんです。

母乳の分泌を左右するのは、サイズじゃなく乳腺です。バストのサイズを左右するのは、ほとんど脂肪なんです。

なので、サイズでは判断することはできないのです。

おっぱいが小さくても大丈夫!

おっぱいが大きい人ほど、母乳の量が少ないという話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

大きさと分泌量は関係ないというのは単なるウワサなのか、それとも何か確かな証拠でもあるのか。

これは個人的な感想ですが、私を含めて周囲の出産経験者の中では、大きさは関係ないと思っています。

遺伝という話も聞いたことがありますが、私の母は母乳の量が少なく、2人の育児はミルクと混合だったのに対し私は出過ぎなほど出ました。

大きさ、遺伝などはあまり関係ないというのが実感です。
人それぞれ個人差があることなので、ハッキリとした条件は確定できませんよね。

母乳の量は乳腺の発達がポイント

母乳は乳腺が発達しないと沢山分泌されません。

おっぱいの大きさで乳腺の発達が判断できるわけじゃないので、「大きいから出ない」「小さいから出ないもしくはよく出る」と言った話はあまり信じなくてもよいのではないかと思います。

出産をしても母乳の量が増えてこない場合でも、マッサージをして乳腺の発達を促したり、根気よく吸わせることで分泌が増えてくることも充分期待できます。

母乳の量とおっぱいの大きさは比例しないと考えておきましょう。

母乳の量を増やすポイントは?

乳腺を鍛えても母乳をだすためには脳を刺激しなければいけません。
母乳の量を増やすためには赤ちゃんが母乳を飲みたいという指令を与えなければいけません。

母乳の量を増やすポイントはズバリ頻繁に吸わせることです。
産後赤ちゃんがうまく母乳を据えなくても頻繁にお乳を吸わせてあげるんです。

吸ってもらうことで、脳に刺激が伝わり分泌が促されます。
わたしの産院では左右10分母乳を吸わせたら、ミルクを与えるように指導していました。

そのうえで赤ちゃんが欲しがるタイミングで何回でも授乳しましょう。
わたしは冒頭でも述べたように貧乳です。

でもこの方法をとっていたら退院するときには完全母乳に近い形になりました。
おっぱいの大きさは関係ないんだなぁって感動しました。

完全母乳育児は夜も大変ですが母親冥利につきます。
おっぱいの大きさは母乳の量とは関係ないので頑張って吸わせましょう。

貧乳で母乳育児をした方の体験談

助産師さんから教わった母乳を増やすコツ

私がカリスマ助産師さんから教わった母乳不足を解消するコツは、たった4つです。




中でも、助産師さんに強く勧められたのは、お茶などで水分をよくとり、体を温めることでした。
母乳は血液から作られるので、水分が少ないと母乳の量が減り、冷え性だと血流が悪くなるからだそうです。

そこで私が試したのが、たんぽぽ茶ほほえみママミルクブレンドでした。

驚く事に、どちらも飲んで30分も経たないうちに、「ツーっ」というあの母乳が出てくる感覚が湧いて来たんです。

結果、飲み続けることで1ヶ月後に混合→完母に移行することができました。

母乳を増やすオススメのお茶

たんぽぽ茶ブレンド

完全無農薬のたんぽぽの根を煎じて、体を温める効果がとても高いお茶です。

飲んで30分もするとツーっという母乳が出る感覚があります!
鉄分やミネラルが豊富に含まれ、栄養補給にもなり、安いのが魅力!

ノンカフェインなので飲みやすくガブガブ飲めますよ!

ほほえみママブレンド

母乳分泌やつまりをサポートする効果のある、有機栽培ハーブティーです。

母乳を増やすハーブティーの中で最も美味しいとインスタでもママに大人気!

98%のママが「母乳の量が増えた!」と答えています。

苦みのあるお茶が苦手な方、母乳がつまりやすい方にオススメです!

1

陥没乳首・陥没乳頭を改善させる唯一のクリーム ピュアナスをご存知ですか? 陥没乳首・陥没乳頭とは、乳首の種類で、乳首が内側に入り子でしまっている状態のことをいいます。 実は、現代では5人に1人が陥没乳 ...

2

たんぽぽ茶をご存知ですか? 私は妊娠中に母乳が出なくて悩んでいた時、母乳外来のカリスマ助産士さんから「母乳を増やすためには、体を温めるお茶を飲むこと」をアドバイスされました。 そこで、母乳の量が増える ...

3

母乳不足で悩む授乳中のママに朗報! 母乳を増やすとっても美味しいハーブティーができたと聞いて、早速いただきました! それがほほえみママミルクブレンドです! ほほえみママミルクブレンドとは? 代表の麻生 ...

4

近年、完全母乳で赤ちゃんを育てているママが減っていることをご存知ですか? 実は、全体の約3割のママしか完全母乳育児をしていないんだそうです。 食生活の乱れや、仕事への不安、夫が思うように手伝ってくれな ...

-母乳がでる仕組み
-, , ,

Copyright© 母乳でない母乳不足解消ガイド , 2020 All Rights Reserved.