母乳育児にNGなもの

母乳育児中のカフェイン・コーヒー摂取はNG?

更新日:

kihon_01
カフェインを多く含む飲み物といえばコーヒーですが、
コーヒー以外にも沢山あります。

日常的に飲む、緑茶や紅茶などにも含まれています。

母乳育児中には、カフェインを含む飲み物は控えた方が良いのか、
それに代わる飲み物はあるのか、調べてみました。

母乳育児中のカフェインの影響

母乳育児中にお母さんが摂取したコーヒーやお茶などに含まれるカフェインは
0.06%〜1.5%ほどが、母乳の中に含まれてしまいます。

それを赤ちゃんが飲むことで、夜泣きをしやすくなったり、
興奮しやすくなるなどの影響があります。

コーヒーを控えていても、他の飲み物や食品による影響もあるので、
特に原因が特定できないのに、赤ちゃんの夜泣きがおさまらない時
お母さんがカフェインを多く摂っていないか、食生活を見直してみましょう。

母乳育児中におすすめの飲み物

母乳育児をしている間は、アルコール、タバコ、コーヒーなど
嗜好品と呼ばれるものは、できるだけ避けるように言われます。

でも、何もかもガマンするのはストレスの原因になりますね。
特にコーヒーや紅茶など、ホッと一息つきたい時には欲しくなりますね。

カフェインは、身体の中から比較的早く排出されるので、
母乳育児中でも、授乳の間隔が長い場合は少しくらいは大丈夫です。

タンポポコーヒーや、ハーブティーなどを代用すれば
安心して飲めるので授乳の時は利用してみてはいかがでしょう。

妊娠中はもちろんですが、母乳を飲ませている間も、
お母さんと赤ちゃんは繋がっているということを意識して、
口にするものを選んでいきましょう。

助産師さんから教わった母乳を増やすコツ

私がカリスマ助産師さんから教わった母乳不足を解消するコツは、たった4つです。




中でも、助産師さんに強く勧められたのは、お茶などで水分をよくとり、体を温めることでした。
母乳は血液から作られるので、水分が少ないと母乳の量が減り、冷え性だと血流が悪くなるからだそうです。

そこで私が試したのが、たんぽぽ茶ほほえみママミルクブレンドでした。

驚く事に、どちらも飲んで30分も経たないうちに、「ツーっ」というあの母乳が出てくる感覚が湧いて来たんです。

結果、飲み続けることで1ヶ月後に混合→完母に移行することができました。

母乳を増やすオススメのお茶

たんぽぽ茶ブレンド

完全無農薬のたんぽぽの根を煎じて、体を温める効果がとても高いお茶です。

飲んで30分もするとツーっという母乳が出る感覚があります!
鉄分やミネラルが豊富に含まれ、栄養補給にもなり、安いのが魅力!

ノンカフェインなので飲みやすくガブガブ飲めますよ!

ほほえみママブレンド

母乳分泌やつまりをサポートする効果のある、有機栽培ハーブティーです。

母乳を増やすハーブティーの中で最も美味しいとインスタでもママに大人気!

98%のママが「母乳の量が増えた!」と答えています。

苦みのあるお茶が苦手な方、母乳がつまりやすい方にオススメです!

1

陥没乳首・陥没乳頭を改善させる唯一のクリーム ピュアナスをご存知ですか? 陥没乳首・陥没乳頭とは、乳首の種類で、乳首が内側に入り子でしまっている状態のことをいいます。 実は、現代では5人に1人が陥没乳 ...

2

たんぽぽ茶をご存知ですか? 私は妊娠中に母乳が出なくて悩んでいた時、母乳外来のカリスマ助産士さんから「母乳を増やすためには、体を温めるお茶を飲むこと」をアドバイスされました。 そこで、母乳の量が増える ...

3

母乳不足で悩む授乳中のママに朗報! 母乳を増やすとっても美味しいハーブティーができたと聞いて、早速いただきました! それがほほえみママミルクブレンドです! ほほえみママミルクブレンドとは? 代表の麻生 ...

4

近年、完全母乳で赤ちゃんを育てているママが減っていることをご存知ですか? 実は、全体の約3割のママしか完全母乳育児をしていないんだそうです。 食生活の乱れや、仕事への不安、夫が思うように手伝ってくれな ...

-母乳育児にNGなもの
-,

Copyright© 母乳でない母乳不足解消ガイド , 2020 All Rights Reserved.