おっぱいトラブル

乳口炎の原因症状と予防対策・治療法

更新日:

ikuji_noiroze
乳口炎は、乳首の先に白い塊のような白斑ができている状態です。
チクチクと痛みを感じる場合もあります。

乳首に水泡ができて、そこが白くなるのがこの症状の始まりです。

乳口炎を予防する方法、もしもなってしまった場合の対策方法など、まとめてみました。

乳口炎の原因と症状

乳口炎の原因

母乳の出口は乳首にいくつもあります。
太く分泌する乳口もあれば細い乳口もあります。

細い乳口はどうしても詰まりやすくなります。
詰まりを放置していると、だんだんと乳首に白い水泡ができてきます。これが乳口炎です。

乳口炎の症状

乳口炎は、初期はほとんど症状がありません。なので進行して気づくことがほとんどです。
症状が進行すると、授乳時に痛みがでてきます。
また、おっぱいにしこりができてくることがあります。

そのまま放置していると、乳腺炎に発展するので、早めに対処することが必要です。

乳口炎の予防法

1)搾乳感覚をあけないこと

乳口が詰まらないようにするためには、授乳の間隔をあまり長く空けないように気をつけることも有効な対策方法です。

2)おっぱいを張らせない

そしてあまりおっぱいが強く張った状態で授乳しないようにしましょう。
強く張っていると、赤ちゃんは乳首の先だけを強く吸います。

柔らかくならないと、しっかりと吸いつくことができないからです。

長時間、授乳ができなかった時は軽く搾乳してから授乳することで先だけを強く吸いつくこともなくなります。

3)おっぱいを温めること

おっぱいを少し温めるようにしてから授乳するのも
詰まりを解消するのに良いようです。

マッサージしてから授乳するのは痛くて無理という場合は、お風呂上がりのタイミングで授乳すれば良いのではないでしょうか。

4)水分をたくさんとる

乳口炎を予防するためには、母乳の濃度が高くならないようにすることも有効だと言われます。

母乳の濃度が濃くならないようにするためにはお母さんが水分を充分に摂るように心がけることです。
母乳の濃度に注意することは、授乳期間中のトラブルの多くを予防することにもつながる対策とも言えます。

乳腺炎の原因を少なくするためにも、水分は十分に摂りましょう。

このように、乳口炎は、初期の段階であればしっかり授乳することでそれ以上ひどくならないように防ぐことができます。

乳口炎になってしまった場合の治療

乳口に水泡ができた時は、ラノリンなどの軟膏を処方してもらうとそれ以上の炎症を防ぐこともできます。馬油でのラップもおすすめです。

無理に水泡を破ってしまうのは、細菌繁殖の原因になるので注意しましょう。

油断していると乳腺炎に進行してしまう原因になるので、乳口炎の予防対策はしっかりしておきましょう。

乳口炎になったのでは・・?一人でケアするのは心配!という方は、母乳外来や桶谷式母乳育児相談室を受診されるとよいでしょう。
プロによる、確実なケアとアドバイスを受けることができます。

乳口炎と乳腺炎になった方の体験談

私の乳口炎と乳腺炎になった体験談です。
23歳で1人目、27歳で2人目を妊娠し出産しました。2人とも母乳で育てました。
上の子のときに、乳口炎と乳腺炎を経験しました。

乳口炎は歯が生え始め、離乳食が始まった頃でした。そのころは 精神安定のために子供は遊びながら母乳を飲んでいたようで、ずっと乳首をくわえていて吸う力も強くなってきて傷ができていました。

助産師さんに相談したところ教えてもらったのが、母乳を少し自分で出し、そのまま母乳を乳首に塗りこむと言う方法でした。母乳には殺菌作用もあり治癒に向かうと言うことでしたので早速、傷ができたら母乳を塗り込む方法を繰り返しました。
私にはその方法が合っていたようでした。

2歳まで母乳を欲しがりましたので、卒乳まで続けることができたと思います。
子供が1才になり、仕事復帰しました。それから乳線炎を経験します。

とにかく子どもを保育園に預け仕事に向かうことがこんなにも大変なのかと悩みました。
毎日バタバタと過ごしました。

仕事と子育てを両立してある お母さん達は皆さんそうですよね。
仕事と子育てでいっぱいになり自分のことを後回しにしている頃でした。
そんな時、仕事中になんだか胸が痛いなぁと感じながら働いていました。

あまりに痛みが続くので、胸を軽く触ってみるとポッコリと腫れていることに気づきました。
それから 少し熱っぽいなぁと思い、測ってみると、39度ありました。もともと健康で熱を出しすことが少なかった私は驚きました。
熱を見たら急にフラつきだし、職場で少し休んで その日は早退しました。
助産師さんに、相談しました。

「何か脂っこい物食べた?菓子パンはすぐ詰まるよー」とのお返事。
確かに、自分の食事は適当に簡単にすませていたように思います。
それから「子供にじゃんじゃん飲ませなさい」と言われました。

詰まりをとるという、アラ治療でしたが すぐに子供に母乳を飲ませ続け治まりました!
子供には詰まる母乳は、マズイ母乳だったろうなと思います。

1番の反省は乳腺炎になるということは、食事が影響していて自分の食事で母乳ができていて、それを子供が飲むということ。
妊娠中だけでなく、出産後も自分を食生活で子供が育つんだということを学びました。
2人目はおかげで、どちらも経験することなく卒乳でしました。

乳腺炎になった方の体験談

乳口炎よりひどいのが、乳腺炎です。こちらは熱を持ち、自分でのケアは難しいのですぐに母乳外来を受診するようにしてください。

助産師さんから教わった母乳を増やすコツ

私がカリスマ助産師さんから教わった母乳不足を解消するコツは、たった4つです。




中でも、助産師さんに強く勧められたのは、お茶などで水分をよくとり、体を温めることでした。
母乳は血液から作られるので、水分が少ないと母乳の量が減り、冷え性だと血流が悪くなるからだそうです。

そこで私が試したのが、ほほえみママミルクブレンドでした。

驚く事に、飲んで30分も経たないうちに、「ツーっ」というあの母乳が出てくる感覚が湧いて来たんです。

結果、飲み続けることで1ヶ月後に混合→完母に移行することができました。

母乳を増やすオススメのお茶

ほほえみママブレンド

母乳分泌やつまりをサポートする効果のある、有機栽培ハーブティーです。

母乳を増やすハーブティーの中で最も美味しいとインスタでもママに大人気!

98%のママが「母乳の量が増えた!」と答えています。

苦みのあるお茶が苦手な方、母乳がつまりやすい方にオススメです!

1

陥没乳首・陥没乳頭を改善させる唯一のクリーム ピュアナスをご存知ですか? 陥没乳首・陥没乳頭とは、乳首の種類で、乳首が内側に入り子でしまっている状態のことをいいます。 実は、現代では5人に1人が陥没乳 ...

2

たんぽぽ茶をご存知ですか? 私は妊娠中に母乳が出なくて悩んでいた時、母乳外来のカリスマ助産士さんから「母乳を増やすためには、体を温めるお茶を飲むこと」をアドバイスされました。 そこで、母乳の量が増える ...

3

母乳不足で悩む授乳中のママに朗報! 母乳を増やすとっても美味しいハーブティーができたと聞いて、早速いただきました! それがほほえみママミルクブレンドです! ほほえみママミルクブレンドとは? 代表の麻生 ...

4

近年、完全母乳で赤ちゃんを育てているママが減っていることをご存知ですか? 実は、全体の約3割のママしか完全母乳育児をしていないんだそうです。 食生活の乱れや、仕事への不安、夫が思うように手伝ってくれな ...

-おっぱいトラブル
-, ,

Copyright© 母乳でない母乳不足解消ガイド , 2020 All Rights Reserved.