母乳がでない理由

母乳がでない4つの原因「貧血・冷え・カロリー・水分」

更新日:

出産したら母乳で育てようと出産前は意気込んでる人は少なくないと思います。
でも、現実はなかなかそうもいかずに悩む人が多いと思います。

産後すぐに育児でつまづく原因は母乳がでないことではないでしょうか?
わたしは臨月に母乳がではじめ、産後もこれで母乳育児安心だとほっとしました。

でも産後思った通りに母乳がでないのでなかなか赤ちゃんが吸ってくれず看護婦さんに泣いて相談したりしました。
看護婦さんは母乳がでない原因は赤ちゃんがちゃんと吸っていないからよって簡単に言われびっくりしました。

母乳がでない4つの原因をご紹介します。

もしかしたら隠れ貧血が原因かも?

母乳が出ない原因の一つは出産時の出血が多量で体が貧血になっている場合があります。
おっぱいが作られるのには血液が必要です。

妊婦中はおなかの赤ちゃんが成長するのに、循環血液量が増えるのに対し、赤血球やヘモグロビンはなかなか増えないので貧血になり易いのです。

現代の女性は、食生活が不規則で栄養に偏りがあり、慢性的に貧血気味の人が少なくありません。

その上、分娩時に出血多量だと更に輪を掛けて貧血になりやすいです。
貧血になった事で母乳がなかなか増加しないのは、恐らく母親の体の防衛本能が、回復を優先されるためではないかといわれています。

隠れ貧血かどうか調べるには?

もし心当たりがあるなら、自分が隠れ貧血かどうかチェックしてみましょう。

以下のような食生活の習慣はないでしょうか?

これらは、現代女性に多い隠れ貧血の人によく共通する特徴です。
全般的にビタミン、ミネラル不足で、血液に必要なタンパク質も不足しています。カフェインの頻繁な摂取は貧血になりやすくなります。

貧血かどうかどうやってわかるの?

実際隠れ貧血かどうかは、血液検査をしてみるとわかります。

妊婦健診では数回血液検査を行いますが、その際ヘモグロビンや赤血球数の値が正常値の範囲内であっても、低めの値か高めの値かによって結果は大きく異なります。
正常値の範囲でも、低めの値であれば、隠れ貧血の可能性が高いというのが栄養学に詳しい医師の意見です。

というのは、正常値というのは一般人を無作為に集めて、血液検査の結果により業者がそれぞれ正常と思われる値を決めている値であり、「これならば健康である」という理想値ではないのです。ですので、集められた一般人の中にはすでに隠れ貧血や隠れ未病の方が潜んでいるので、それらの値も含まれているため、本来の正常値ではない値が正常と定められているので、信用できない、と詳しい医師は話します。

もし、確実に隠れ貧血かどうか調べたい場合は、自費治療になりますがフェリチン値を調べる詳しい血液検査を行うとよいでしょう。
フェリチン値は貯蔵鉄の量がわかる値で、鉄分の貯金といわれています。フェリチンが多ければ多いほどよく、少ないとほとんど鉄分の貯金がなく危険とされています。

現代女性はこのフェリチン値が枯渇している女性が多く、貧血と診断されていなくても隠れ貧血な人が多いのです。

冷え性も原因かもしれないよ?

母乳がでない原因として、冷え性からくるのもあります。
母乳は、血液からできているので、冷える事によって血流が悪くなり上手く血が流れず母乳が出ずらくなります。

「血液のめぐり」が大事とされていますが、冷え性は上記の貧血と連携しています。

貧血の女性は冷え性であることが多く(赤血球が少なく、血液のめぐりが悪い)、相乗して母乳がでない原因となります。

冷え性になってしまう生活習慣チェック

こんな生活習慣をしていませんか?冷え性の原因になっているかもしれません。

水分も大事!水分とっていますか?

母乳も水分なので水分不足になると出なくなる原因の一つです。
母乳は一日に約600~800ccも出ています

栄養は妊娠中に母親の体に皮下脂肪として ある程度蓄えています。
でも、水分の蓄えはありません。

水分摂取の目安は、自分が必要な量プラス1リットル(1000cc)と位だと思うとよいでしょう。
カフェインやアルコールは身体から水分を出す作用があるので、少しならかまいませんが、大量に飲むのは、水分を出す作用以外にも問題があるのでダメです。

牛乳は脂肪分が多いので水分の代わりにはならないので水やお茶等の他の飲み物での水分補給がよいです。

水分不足の目安はお母さんの便秘です。
便が硬いようなら水分不足なので硬いなと思ったらいつもより多目に水分補給した方がよいですよ。

冷え性の方は、合わせてタンポポ茶など、体を温めて母乳を促進する飲みものを積極的に飲むようにするとよいでしょう。

摂取カロリーはたりてますか?

食事も大きな影響があり栄養のバランスが悪くなり摂取カロリーが足りていないと母乳の生産量が減ります。

1ヶ月当たり、1キロくらいの減少ならば、母乳の生産量に影響が出ないといわれています。

それが、2キロ以上減る場合は、食事量を増やす必要があります。
授乳中は、1日450カロリー多めに摂取することが勧められています。

なので毎日3食しっかり食べた方が母乳は出るようです。

ぜひ参考にしてくださいね!

母乳がでないときは赤ちゃんに吸ってもらおう!

母乳がでないときは授乳の回数を増やしてみよう!
母乳がでない原因の多くは脳の刺激が足りないことがほとんど。

わたしは胸が小さいので赤ちゃんを抱っこしても乳首までの距離があり、うまく姿勢が取れませんでした。
親もなれないし、赤ちゃんも母乳を吸うことになれておらず、うまく吸わせることが最初できませんでした。

でも根気強く吸わせていくと赤ちゃんもちゃんと吸ってくれて母乳がでるようになりました。
他の母乳がでない原因は乳管が詰まっているとか原因はそれぞれ。

母乳を出すための特効薬は赤ちゃんに吸ってもらうことです。
赤ちゃんにおっぱいを吸われることで乳管が開いたり、刺激を受けることで母乳が作られます。

あまりにも長い時間無理に吸わせる必要はありませんが、
1日10回は授乳するようにしましょう。

ただわたしは母乳がでるまで1日20回ぐらい吸わせました。
そしたら乳首が切れて血が出ました。

吸われるたびに「ひ〜!痛い!」と叫んでいました。
乳首保護器もあるので乳首が切れないように授乳してくださいね。

だんだん母乳がでない状況になる原因は?

母乳がきちんと出始めたがなかなか量が増えない、もしくはでなくなったと悩む場合もあります。
その原因は赤ちゃんの飲む母乳の量が少ない、もしくは吸う力が弱い場合があります。

赤ちゃんの体が小さいうちは、飲み切る力が弱く、おっぱいが残りがちです。
母乳は消費した分に応じて作られる量も増加します。

赤ちゃんが母乳を必要ないとママの体が勘違いして母乳がでない原因になってしまいます。
赤ちゃんが飲みきれない場合は残った母乳を出し切ることも大切です。

授乳器もいろいろありますので活用するといいですね。
ただ授乳器は乱発するとかえって母乳がでない原因にもなるので気を付けましょう。

母乳を出し切って次の授乳に向けてママの体は新たな母乳を準備することができます。

母乳不足でミルクになってしまった方の体験談

母乳の量を維持するには?

母乳がでないのは脳の刺激とかもありますが水分不足も原因のひとつです。
わたしは産後2か月ぐらいに体調を崩しました。

そのころから母乳が急激に増え、1回に150mlぐらいは出ていたと思います。
それが急に子供が授乳中ぐずるようになりました。

私自身もふらふらし、風邪でもひいいたのかと思いました。
病院にいって診断されたのは脱水症状!

人生の中で脱水症状にかかったのなんて初めてでびっくり。
しかも食事は3食とっていましたし、お茶だってたまには飲んでいました。

それでも脱水症状になりました。
授乳中は気づきにくいですがママへの負担が大きいものです。

母乳はママの血液から作られています。
母乳がでない原因にもなるので水分や栄養を必要以上に気を付けて摂取することが大切です。

あとは睡眠を十分にとり、体をやすめることです。
新生児期はまとまって寝ることは難しいでしょう。

昼寝などこまめ休みをとることです。
また、急に母乳がでない原因は脂っこい食べ物や偏った食事で乳管が詰まってしまう場合もあります。

乳腺炎のリスクもあがります。
ちなみに私が授乳中におすすめする飲み物はタンポポコーヒー。

ちょっと割高なコーヒーですが、ノンカフェインです。
ブラックコーヒー派の人には物足りないかもしれませんがかすかに甘いコーヒーです。

カフェオーレとか好きな人には絶対おすすめです。
タンポポコーヒーは良質な母乳を作ってくれます。

最近はベビーザラスとかドラックストアでも気軽に購入できます。
母乳がでないと悩んでいるときにはぜひ試してみてください。

助産師さんから教わった母乳を増やすコツ

私がカリスマ助産師さんから教わった母乳不足を解消するコツは、たった4つです。




中でも、助産師さんに強く勧められたのは、お茶などで水分をよくとり、体を温めることでした。
母乳は血液から作られるので、水分が少ないと母乳の量が減り、冷え性だと血流が悪くなるからだそうです。

そこで私が試したのが、ほほえみママミルクブレンドでした。

驚く事に、飲んで30分も経たないうちに、「ツーっ」というあの母乳が出てくる感覚が湧いて来たんです。

結果、飲み続けることで1ヶ月後に混合→完母に移行することができました。

母乳を増やすオススメのお茶

ほほえみママブレンド

母乳分泌やつまりをサポートする効果のある、有機栽培ハーブティーです。

母乳を増やすハーブティーの中で最も美味しいとインスタでもママに大人気!

98%のママが「母乳の量が増えた!」と答えています。

苦みのあるお茶が苦手な方、母乳がつまりやすい方にオススメです!

1

陥没乳首・陥没乳頭を改善させる唯一のクリーム ピュアナスをご存知ですか? 陥没乳首・陥没乳頭とは、乳首の種類で、乳首が内側に入り子でしまっている状態のことをいいます。 実は、現代では5人に1人が陥没乳 ...

2

たんぽぽ茶をご存知ですか? 私は妊娠中に母乳が出なくて悩んでいた時、母乳外来のカリスマ助産士さんから「母乳を増やすためには、体を温めるお茶を飲むこと」をアドバイスされました。 そこで、母乳の量が増える ...

3

母乳不足で悩む授乳中のママに朗報! 母乳を増やすとっても美味しいハーブティーができたと聞いて、早速いただきました! それがほほえみママミルクブレンドです! ほほえみママミルクブレンドとは? 代表の麻生 ...

4

近年、完全母乳で赤ちゃんを育てているママが減っていることをご存知ですか? 実は、全体の約3割のママしか完全母乳育児をしていないんだそうです。 食生活の乱れや、仕事への不安、夫が思うように手伝ってくれな ...

-母乳がでない理由
-, ,

Copyright© 母乳でない母乳不足解消ガイド , 2020 All Rights Reserved.