陥没乳頭改善クリーム ピュアナスのレビュー

陥没乳首・陥没乳頭を改善させる唯一のクリーム ピュアナスをご存知ですか?

陥没乳首・陥没乳頭とは、乳首の種類で、乳首が内側に入り子でしまっている状態のことをいいます。

実は、現代では5人に1人が陥没乳頭だといわれています。

陥没乳首の原因

陥没乳首・陥没乳頭の原因は、未発達で短いままの乳管が、乳首を奥に引き込んでいるためにおこります。

これは、バストの成長に乳管の成長が追いつかないためです。

つまり、食生活の欧米化により日本人の平均的なおっぱいの大きさが大きくなってきたからだといわれています。

陥没乳首の症状

陥没乳首をそのままにしていると、陥没している部分に垢や分泌物がたまりやすく、細菌が繁殖してニオイの原因になったり、乳腺炎などの原因リスクが高まります。

さらに、最大の問題としておっぱいを吸わせることが難しいので、母乳育児がしにくい、というデメリットがあります。

陥没乳首・陥没乳頭の種類

陥没乳首は2種類に分かれます。

1つは、マッサージや吸引器の刺激で乳首がでるのが「仮性陥没乳首」。

2つめは、マッサージや吸引器の刺激でも乳首がでてこない「真性陥没乳首」です。

ほとんどの方が上記の仮性陥没乳首にあたります。

陥没乳首・陥没乳頭の治療法

陥没乳首の治療法としては、真性陥没乳首の場合、手術しか治療法がありません。

手術には多額の費用がかかり(20万〜)、かつ難易度が高いため乳管を切断してしまうと、授乳ができなくなったり、陥没を再発するリスクもあります。

一方、仮性陥没乳首の治療法としては、「マッサージで癖付けを行い、症状を緩和させる方法」があります。

このマッサージに使うのが、日本で唯一陥没乳首改善専用に作られたピュアナスがあります。

陥没乳首改善の専用クリーム ピュアナス

このピュアナスが実際に届いたので、開けてみたところがこちらです。

ピュアナスには、陥没乳頭ケアとして以下の成分が配合されています。

ピュアナスの成分

乳首を大きくさせる成分

血行を促進することで血液に乳首を集中し、乳首肥大するよう細胞活性化させます。
また、女性ホルモンを活性化させ、乳首肥大へとつながります。

・インドナガコショウ果実エキス(血行促進成分)
・オリゴペプチド−20(細胞活性成分・ハリも与える)
・カミツレ花エキス(細胞活性成分)
・ダイズ種子エキス(女性ホルモン促進成分)
・プエラリアミリフィカ根エキス(女性ホルモン促進成分)
・ザクロ果実エキス(女性ホルモン促進成分)

ニオイケア成分

陥没している乳首の部分に垢や汚れがたまったり、雑菌が繁殖してニオイが発生するのを防ぎます。

・シャクヤクエキス(消臭成分)
・柿タンニン(消臭成分)
・カワラヨモギエキス(殺菌成分)
・ローズ精油(香り)

黒ずみケア成分

陥没乳頭の黒ずみをケアする成分です。

・アセロラ果実エキス・ワイルドタイムエキス
・ユキノシタエキス
・キイチゴエキス
・ビサボロール

ピュアナスの使い方 乳首マッサージ

1)ピュアナスを指先に小豆大とり、バストトップに塗布しながら乳首に10秒くらい圧力をかけます。

2)陥没した部分にもピュアナスを塗ります。

3)乳頭吸引器を乳首にあて、30秒−60秒くらい吸引します。

4)ピュアナスを小豆大とり乳首になじませ、こよりを作るようにマッサージします。

これらを毎日朝晩行うとより陥没が引き出しやすくなります。

*ピュアナスを使った後は、必ずきれいに拭き取るか洗ってください。授乳前の使用は控えましょう。(ピュアナスは食べ物ではありません)

実際にピュアナスを開封して使った様子

実際にピュアナスを開封して使ってみました。
胸をお見せすることはできませんが、使用感の参考にしてくださいね。

ピュアナスを3ヶ月続けることが大切!

陥没乳首を改善するには、1日ですぐに治る!というものでは絶対にありません。

毎日クリームを塗りマッサージして乳首を引き出すケアを続けることで、仮性陥没乳首は改善していきます。

ケアを続けて完全母乳育児ができるようになった方もたくさんおられます!

少なくとも3ヶ月は継続してマッサージケアをしてくださいね!

更新日:

Copyright© 母乳でない母乳不足解消ガイド , 2020 All Rights Reserved.